77.複雑骨折になりかけた男


どうも、アキラです。
しばらく生死をさまよっていましたが何とか復活しました。
「生死をさまよっていた」という表現はもちろん比喩なんですけど、
一歩悪い方向に進めば社会的に「複雑骨折」くらいにはなりそうな勢いでした。

ドタバタの最中は、自分が最悪的にどのような措置をされるのか、
知るのが非常に怖くて、調べごとをほとんどしなかったのですが、
落ち着いてからは、今週の中頃からですかね、
とにかくネットで法律関係のことを調べまくって、
ああやっぱり最悪は複雑骨折になるんだろうなと認識した次第です。

複雑骨折になったら、田舎に帰ることを選択するだろうなと、
でも田舎に帰っても仕事はなくって、またニートの頃に戻って、
地獄のような精神状態で毎日を悶々と過ごさなきゃいけないとか考えたり、
田舎に帰らずとも、多大な後ろめたさ(「十字架」とか言うと格好いいよね)
を一生背負いながら生きていくことになるけど、
それも相当辛いなあとか思ったり、
とにかく悪いことを考え続けた最近でした。

ただ現実的には、悪い方向に進みそうになったら、
自分は自分の無実である所を主張し続けることが第一と考えていました。
30歳まで無事平穏に生きてこれたんだし、守るものもないし(貯金もないけど)、
余生をかけて徹底的に付き合ってやろうという意思でした。

ただ、結果的には、
コトの顛末はあまり知らされてないのでわかりませんし、
あえて自分から聞く気力もなかったのですが、
何やら収まってくれたようで、アキラの中の人は普通の日常に無事復帰できました。

でも正直、肩透かしの感が強くて、少しばかり不気味さを感じるのですが、
ここでそういう判断をされたという事実が大事であって、
それは揺るがないものかと思うので、積極的に安心したいと思います。





あぁ〜しばらくスマホの着信が怖くて仕方ない。

以上、全部妄想です。




生きるって辛いね。
平和が一番。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

No title

詳細はわかりませんが、文面を見る限り、
やはり大変そうですね~

私も今は安定していますが、やはり人生の
修羅場というか、今考えると地獄のような日々も
ありました。

ホントにホントにきついと思いますが、
逆境こそが、人間を成長させてくれるものだと
思います。月並みなことしか書けませんが、
うまく話が進めばいいですね。

No title

>神田さん
コメントありがとうございます。
なかなか大変でした。
でも今は最悪のケースにならなくて安心しています。
詳細はなかなか書けなくて申し訳ないですが、
K察絡みのトラブルに巻き込まれたという感じです。
カツ丼は1回も出してくれませんでしたが…。
20代の最後に貴重な経験ができたと思ってます(苦笑)
このページのトップへ