69.結婚式の日


日曜日は同僚の結婚式でした。
前回の日記で書いた理由により、かなり憂鬱な気分だったんですけど、
席は配慮してくれたのか隣りではありませんでしたが「真正面」でした。
なので終始まともに正面を向くことはなく、
主に隣りの席の同僚と会話して気をそらしていました。
そんな気まずい雰囲気を、せっかくの祝いの場にあまり持ち込みたく
なかったので、まあ予想通り、早めに酔っ払うことになりました。
美味しいお酒に美味しい料理、明るく幸せな雰囲気でしたので、
酔っ払ってからは結構楽しかったですね。
最初は自分の事ばかり考えていたんですけど、
酔ってリラックスしてからは、結婚した同僚に思いを馳せたりしました。
自分が就職した時の職場の1年後輩なので、自分にとって初めての後輩になります。
後輩といっても歳は上という、今でもお互い敬語で呼び合う関係なのですが、
わりとインドアでオタクな所が共通していて、
休日も何回か遊んだことのある仲の良い同僚ですね。
あまり女っ気はない感じでしたが、いつの間にか作った彼女と交際1年で
流れるように結婚ということで、かなり新婦側がやり手な感じでした。
幸せな結婚生活はもちろん、結婚生活の辛さみたいなものを彼には教えてもらいたいですね。

さて、結婚式に呼ばれると、ベタですけど毎回自分が結婚したときの事を
思い浮かべるのですが、今回は自分の真正面に座っている女性と結婚したかもしれないIF
があるので、どうしてもそれを思い浮かべてしまうのですが、
結婚式は楽しいかもしれないけど、その先の結婚生活は絶対に波乱に満ちてるだろうと
強く思ってしまったので、彼女とは別れて正解だったなと納得させました。
でも彼女が別の男性と結婚したときは、絶対に心から祝福できないと思う。
仮に彼女の結婚式の招待状がきたときはどうしよう。迷う所です。

いやあ職場恋愛は後を引くなあ。
それを覚悟して付き合ってた所はあるけど、なかなか後悔するものですね。
そんな湿っぽい日記になってしまいましたが、
この日を乗り越えたので、今は結構すっきりしちゃってます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ