4.クロスオーバー


今日は一日内勤だった。
内勤の多くは打合せや会議資料の作成に費やされる。
大体は退屈な作業だけれど、今日作成した資料は、
前例踏襲に満ちたものではなく、新しい事業に関する資料なので、
形になるのを思い浮かべながら楽しく作業できたと思う。

いまは学生は夏休み。
夏休みの宿題の花型といえば、自由研究である。
大体は小学生から中学生までやらされるものだ。
今思えば小学生の頃に自由研究の企画から考えさせられるのは中々重責だ。
だから多くの小学生は、最初に親や先生の知恵で企画してもらい、
その方法にしたがって行動して、結果を出して、
また知恵を借りて結果に対して考察するものだと思う。

僕は小学2年生のとき、親か先生か誰に言われたのかわからないが、
家のベランダと庭と木陰の3地点で温度を朝昼晩毎日測定するという自由研究をやった。
普段はケチな親も、その自由研究ために、高級な温度計を買ってくれた。
小学2年生の僕は決まった時間に温度計を見に行って、その結果を画用紙にプロットした。
よく覚えているのが、ベランダの温度を観察しているときにハチに刺された事件だ。
あれにより、この自由研究は一生忘れられないものになった。
というのは冗談として、この自由研究は何かの賞をもらったのを記憶している。
かなり単純な研究だけれど、毎日欠かさず温度計を見に行った努力が評価されたのかもしれない。
コツコツとやる大切さをあの自由研究で学んだと今になって思うなあ。

今の仕事も、長期戦になりそうなので、
当時の小学2年生の気持ちを忘れずにコツコツやっていきたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ