22.メガネ購入譚


本日は重い腰を上げ、前々から買わなければならない(使命感)
と思っていた「メガネ」をついに買いに行った。
来週のシルバーウィークの旅行には、
新しいメガネを装着してゆきたいと思ったからだ。

メガネショップはどこでも閑散としているイメージだったが、
金山駅前のメガネショップに行くと、
日曜日の繁華街だけに、客が結構多かった。

おかげで、ありがた迷惑な店員が寄り付かなくて、
ゆっくりと自分のペースでメガネを選ぶことが出来た。

今かけているメガネは前部長に、
「君は大人しそうに見えるけど、メガネはチャラいね〜」
と言われて複雑な思いをしたので、
今回は黒縁は外せないけど、できるだけシンプルなデザインを選ぶことにした。
選んだメガネはウェリントン型とかいうレンズが正方形になっているやつで、
形状記憶の軽めのやつをチョイスした。
欲を言えば、もっと縁が太い方が良かったけど、
それはそれでチャラさが増すから仕方ないね。

そのあと、視力検査をするのだが、
混雑しているため、30分くらい店内で待っていた。
先に検査をしていたおばあちゃんが「私はもっと目が悪くなっているはずだ」
と検査結果に納得がいかない様子で、待ち時間が長くなった感があるが、
俺も検査した結果「俺はもっと目が悪くなっているはずだ」と
思ったので、おばあちゃんを恨まないことにした。
しかし、俺の場合、乱視が発見された。
乱視を矯正するレンズを試しに入れてもらったが、
歪みにどうしても違和感があったので、最終的には入れてもらわなかった。

フレーム+レンズに傷防止のコーティングをしてもらって1万円。
4年半ぶりにメガネを購入したけど、かなり安くなっていて驚いた。
メガネは体の一部。
こいつとこれから人生を共にしてゆきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

No title

>メガネは体の一部。

私もかなりのド近眼のため、メガネ、そして
コンタクトレンズは、体の一部ですね。
それにしても、メガネかけてたら、チャラい
ってイメージなんでしょうか。ちょっと
意外です。

あ、金山といえば、昔、クラブセガ金山は
よく行きました(どうでもいい情報)

No title

>神田さん
部長の感覚からすると、縁の太いメガネは全てチャラいのかもしれません。

僕も昨日そこをウロウロしつつ、
コスプレイヤーをチラ見していました。
ああいうゲームセンターは昨今廃れつつあるので、
末永く続いてほしいっすね。
このページのトップへ