103.根管治療パート1


今日は眼科と歯医者のダブルヘッダーの日だ。
眼科は前回発覚した傷が目薬の治療によりちゃんと治っているかを確認しに行った。
初診と比べると大分傷は修復していたが、まだ傷は残っているので、
今度は軽めの目薬を射し続けて、1ヶ月後にまた来てくださいとのこと。
そんな感じで軽く終わった。

眼科の10倍は緊張する歯医者。
前回神経を抜いたのだが、神経を抜いた歯は細菌感染をしやすいらしく、
歯の根っこを綺麗に掃除して薬剤で封じ込めないといけないらしい。
それが根管治療ってやつらしい。(たぶん)
ぶっちゃけただの後処理だと思って、前回神経抜いたときの痛みよりは軽いだろうと
思っていたのだが、これがもう、正直、超しんどかった。

根管治療はラバーダムっていう布を口に被せて、
歯に唾液等の異物が入らないようにして行うのが基本らしいのだが、
被せてる間は口呼吸ができないので、鼻で息をするしかないのです。
別に鼻づまりしているわけじゃないんだけど、
普段口呼吸で慣れていないせいか、息苦しくて辛かった。
でもまあこれは我慢できる程度。

本当の痛みの原因は、歯の奥に前回取りきれなかった神経が残っていたこと。

俺の歯の神経は運の悪いことに複雑な構造になっているらしく、
なかなか取るのが難しいとのこと。
それを頑張って取ろうとするんだけど、歯の奥の奥だから、


とにかく痛みがやばい!!


身体が反射するような耐え難いレベルの痛みでした。
この痛みは僕の人生の中では足をつったときの次に痛いレベルです。
(その次が性●のときの尿道の痛みかな)
麻酔を2回ほど追加してもらったが、奥の方に突っ込むとやはり痛いのは変わらない。
そんでまあ俺も体力消耗しきったのを察したのか、
神経を殺す薬剤をぶち込んでフタをして、根管治療パート1は終わった。

根管治療パート2は今月末です。
今日の治療はトラウマレベルに痛かったけど、
クールで無口な歯科医が「今日は痛い思いさせてすみません」と言ってくれたので、
勇気出してまた行こうと思います(´;ω;`)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

No title

痛いのは災難でしたね~
ですが、喉元すぎればなんとやら。
長い人生を考えたら、大したことではありません。

勇気を出して、また次も頑張りましょう(・∀・)

No title

>神田さん
いやー死ぬほど痛かったので、今後うまく処置できるのか不安ですが、もうどにでもなれの精神で頑張ります。
このページのトップへ